4階建てに増築された中央研究所

topics

4階建てに増築された中央研究所

4階建てに生まれ変わった中央研究所

当初4階建てとして計画されていた中央研究所は不況により2階建てに変更された上、1958年に完工しました。それから10年後の1968年、ようやく長年の念願がかない、4階建てへの増築工事を終えました。室内の実験用機器の配置にも余裕ができ、より効率的な研究が期待できるようになりました。また、屋上からの眺望も一変し、南には鳴海、大高の丘などを、北には疾走する新幹線越しにテレビ塔や遠く日本アルプスの山々も望まれ、気分を爽快にしてくれます。

2階建て時代の中央研究所

259/429

関連記事RELATED ARTICLES