焼入れ硬さが高く耐磨耗性、耐食性に優れたステンレス鋼 440C

topics

焼入れ硬さが高く耐磨耗性、耐食性に優れたステンレス鋼 440C

440Cは現有のステンレス鋼中、強度、硬さが高く、かつ耐食性があるため、最近各種用途に需要が伸びています。

ベアリング(ミニチュア)
シャフト(ミニモーター)
電算機シャフト
食品機械(ロール)

440Cは製造工程で熱間および、冷間加工が困難で、かつ高度の品質が要求されます。当社の440Cは渋川工場での特別仕様による特殊溶解法(エレクトロスラグ溶解等)の採用および、各工場での製造技術の確立により、他社材と比較し市場で品質、納期等で非常に好評を得るとともに受注量も著しい伸びを示しています。

1. 当社440Cの特長

(1) 非金属介在物、地キズ品質がきわめて良好
(2) マクロ(インゴットパターン、中心偏析、気泡など) 品質がきわめて良好
(3) 炭化物粒度が微細、均一化されている
(4) 使用時の耐磨耗性、耐食性、靭性等がすぐれている

2. 用途例

ベアリング、各種精密機器シャフト(テープレコーダー、事務機など)、電算機部品、食品機械部品、バルブ、ポンプ、電磁弁、繊維機械部品、刃物、医療用メス、ゲージ、はかり用ナイフエッジ、エンジンノズル、その他高強度耐食部品

(大同通信 1973年11月号から)

94/321

関連記事RELATED ARTICLES