大同のインペラー(羽根車)

topics

大同のインペラー(羽根車)

インペラーは羽根車とも呼ばれ、ポンプの心臓部に位置し、液体を吸い込んで遠心力を与え、外周から吐き出す作用をするものです。

インペラ―

ポンプには輸送する液体の種類・揚程・揚水量により各種のものがあり、それに伴い、インペラーにも多数の種類があります。

閉じ羽根インペラー(薄型)
閉じ羽根インペラー(厚型)
開き羽根インペラー

築地工場ではポンプ本体に加え、大は数トンから小は1キログラム未満のインペラーまで各種製造しております。特に20キログラム以下のインぺラーについては、ユニキャス卜精密鋳造法で製造しています。

ユニキャストインペラーの特長

  1. 従来の砂型法では不可能な薄型インペラーの一体製造が可能である。
  2. インペラー内外面の鋳肌精度が良いため、摩擦損失が少なくポンプ性能が向上する。
  3. 寸法精度が良く、加工工数が削減できる。

このような利点があるため、客先で好評を博し、今後さらに受注の拡大が期待されております。

(大同通信 1975年3月号から)

149/390

関連記事RELATED ARTICLES