大規模団地用 生活廃水処理装置

topics

大規模団地用 生活廃水処理装置

大規模団地から排出する下水(汚水、雑排水)の終末処理を行なう生活廃水処理装置の納入事例をご紹介します。

この装置の受注にあたっては、当時800人用程度の小型装置の製作経験しかありませんでしたが、一気に大型プラント(7,000人用)の受注に踏み切ったものです。その結果、技術陣の苦心と需要家の協力により完成し、順調に稼働させることに成功しました。

生活廃水処理装置

処理設備は、全地下2階式になっており、その広さは約70m×25mもあります。地上部の施設は管理室のみで、他は運動場に有効利用されています。

装置は排水水質が比較的緩いため、標準活性汚泥処理方式のみを採用し、調整槽2連、ばっ気槽4連、横流式沈澱槽2連の構造になっています。写真は沈澱槽からばっ気槽の方向を見たものです。

主な仕様

  1. 処理対象人員  7,000人
  2. 処理水量    2,300m3/日平均
  3. 処理方式    標準活性汚泥方式
  4. 脱水機     2.5m3/H × 2基

(大同通信 1976年10月号から)

125/385

関連記事RELATED ARTICLES