メカニカルエキスパンダー(拡管機)

topics

メカニカルエキスパンダー(拡管機)

当社で製造される代表的高付加価値製品の「メカニカルエキスパンダー」を紹介します。

石油掘削、石油プラント、海洋構造物などに使用される大口径パイプ(口径16インチ以上)は、1970年以降世界で急激に需要が増加しています。わが国でも世界に先駆けてU・Oプレス方式による大口径パイプの製造を開始しました。

U・Oプレス方式によって製造された大口径パイプは、このメカニカルエキスパンダーによって拡管され、真直性と真円度が与えられます。一種のパイプ矯正機とも言えるでしょう。使用する材料はSS(普通鋼)またはSKD(ダイス鋼)、鋳鋼、非鉄金属などで所要部品は数千点に上ります。

本体
ツーリング(拡管ダイス)組み込み用治具に装着した姿

当社の卓抜したエンジニアリング、蓄積された技術、管理された方式により製造された製品です。大口径パイプの製造工程で、当社が製造したメカニカルエキスパンダーが活躍していることをご記憶に留めておいてください。

(大同通信 1976年11月号から)

206/467

関連記事RELATED ARTICLES