新しいフレームハード用鋼 GO5

topics

新しいフレームハード用鋼 GO5

美しい曲面を持つ乗用車のボディなどは、鋼板をプレス成型して作られています。これに使用される金型の切刃や摩耗の厳しい重要部分には、最近、組み立て後に火炎によって部分的に焼入れ可能な特殊鋼、いわゆるフレームハード用鋼が多く使われています。

GO5は当社が豊富な経験と研究の積み重ねにより、特にフレームハードに適するよう、新しく開発した冷間金型用鋼です。

GO5のフレームハード作業

GO5の特長

  1. フレーム加熱後、空冷で十分な表面硬さと硬化深さが得られます。
  2. 被削性が優れており、加工費の低減に寄与します。
  3. 摩耗や欠けに対し抵抗力があるため、金型寿命の向上が図れます。
  4. 金型の補修に際し、溶接割れはなく、安心して肉盛溶接が行えます。

このようにGO5は多くの優れた特性を持っているため、ユーザーから好評を博しています。

(大同通信 1979年7月号から)

177/467

関連記事RELATED ARTICLES