大同の架線金具用ステンレスボルト

topics

大同の架線金具用ステンレスボルト

国鉄および、私鉄の架線金具用ボルトとして、大同のステンレスボルトが、多数使用されています。

架線金具用ステンレスボルト

鉄道の架線金具に使用される袋ボルト、六角ボルトの材質はSUSXM7で、1979年に国鉄規格として採用され、日星精工(株)の冷鍛加工技術により生産されています。

そして、国鉄、私鉄の在来線、新幹線はもちろん、建設中の東北新幹線、上越新幹線にも使用されています。

主な使用箇所

ハンガイヤーは、トロリー線を、ちょう架線に吊るす金具です。
ダブルイヤーは、トロリー線とトロリー線とを添わせて接続する場合に使用する金具です。
振止金具は、直線区間のトロリー線の偏位を保持し、横振れを防ぐための金具です。
交叉金具は、トロリー線の交叉箇所において、
トロリー線間相互の垂直方向の間隔を抑制するために使用される金具です。
コネクター金具は、ちょう架線とトロリー線との間を均圧し、通電するために使用される金具です。

(大同通信 1980年8月号から)

127/428

関連記事RELATED ARTICLES