優れた被削性を持つ大同の快削冷間工具鋼 GO2F

topics

優れた被削性を持つ大同の快削冷間工具鋼 GO2F

加工機械の自動化、加工能率の向上は時代の趨勢で、鋼材の被削性の改善は大きな問題になっています。GO2Fは、これらの要求に応じた快削冷間工具鋼で、高炭素クロム鋼をベースとして適量の快削元素を添加させることで鋼自体の持つ本来の性質を、ほとんど劣下させることなく、極めて優れた披削性を持つ工具鋼です。
 

旋盤用コレットチャック

主な用途は高能率、高精度用のコレットチャック、ドリルチャック、ガイドピン、工作機械等の部品です。その他、金型用冶工具材として、高い市場評価を得ています。

熱処理方法と製品硬度は焼入温度800℃から850℃の油冷、焼戻し温度150℃から200℃の空冷、製品硬度HRC58以上。被削性能は高炭素クロム鋼の約2倍です。

(大同通信 1981年11月号から)

58/374

関連記事RELATED ARTICLES