野球スコア解析装置

topics

野球スコア解析装置

市場開発部と機械事業部では、中日ドラゴンズの協力で「野球用スコア記録解析装置」を開発しました。従来どこの野球チームでも、ゲームに関するあらゆるデータは、人手でスコアシートに記録し、集計してきました。しかし、当社ではマイクロコンピュータを利用し、簡単かつ迅速に操作できるワンタッチ方式で、スコアラーがスコアシートに書く手間で入力可能な装置を設計製作しました。

インプットマシン(左)、高速グラフィックプリンタ(中央上)、解析装置(中央下・右)

特長

  1. 従来のスコアシートと同じイメージで、試合中に入力でき、スコアシートデータはもちろん、さらに詳細な記録も可能にしました。
  2. バッテリーの配球を、ケース別にいつでもグラフィック・プリンタに図示でき、相手投手の攻略や、自軍の防御など試合中の作戦変更に役立てることかできる。
  3. 通信回線で、大型電算機と直結も可能で、解析結果の問い合わせや、現試合の収録データの伝送が可能。
  4. カセット磁気テープなどを経由して、大型電算機に入力することもでき、シーズン中の記録集計や解析が意のままになり、記録業務の驚異的な合理化が図れます。
  5. 装置は、インプットマシン、解析機、高速グラフィックプリンタから構成され、携帯性も考慮されています。中枢部には、大同製マイクロ・コンピュータ「DAMIC-8」が使用されています。

(大同通信 1982年6月号から)

125/448

関連記事RELATED ARTICLES