高性能プラスチック磁石 DPMシリーズ

topics

高性能プラスチック磁石 DPMシリーズ

高性能プラスチック磁石は、「磁石=硬くてもろい」という従来の常識を打ち破った磁石です。これは、フェライト磁石粉末とプラスチックを混合し、磁場中で射出成形することにより、プラスチックの柔軟性とフェライト磁石の磁力を兼ね備えた磁性材料です。

高性能プラスチック磁石 DPMシリーズ

特長

  • 寸法精度が高く、仕上げ加工が不要
  • 複雑異形品、複合製品に最適
  • 比重が小さく、軽量化が可能
  • 衝撃強度が強く、割れにくい
  • ラジアル異方性、面異方性、多極異方性が容易
  • 磁力の強さを、用途に合わせ任意に調整可能
  • 被削性に優れ、ドリル、機械加工が容易

用途

自動車 レベルメーター、ディストリビューター、タコメーター、スピードメーター、各種センサー
家電機器 センタリングマグネット、リードスイッチ、電磁ブザー、リレー、ドアキャッチャー、スピーカー、ヘッドホーン、電子ロック
回転機・電子機器 マイクロモーター、タイマーモーター、制御用FGリング、ステッピングモーター、プリンター、タイミングモーター、小型発電機、VTRシリンダーモーター
事務機 マグネットロール、フロッピーディスクドライブ
医療・応用品 健康医療器具、玩具、教材用具、治工具、家庭用品

(大同通信 1985年10月号から)

67/428

関連記事RELATED ARTICLES