ローラハース式連続真空焼結炉

topics

ローラハース式連続真空焼結炉

粉末冶金の進展に伴い、自動車部品・OA機器業界を中心に連続式真空焼結炉の引合いが活発となり、これに対応するため1985年からテスト機の開発に着手しました。

連続式真空焼結炉

連続式真空焼結炉の搬送方式として世界で初めてハースロールを採用することにより、コンパクト化を図るとともに多様なニーズに対応できる炉として業界から注目され、すでに3基が稼働中です。活発な引合いのもとに、今後の拡販が期待されています。

炉の概略構造図

特長

  1. 処理室数の制限がなく、最適プロセスの構築が可能
  2. 新搬送方式によるコンパクト設計(省エネ・省スぺース)
  3. 各室の独立性が高く、処理室の変更・追加が可能
  4. リフタの採用により、高い均熱度とロールの長寿命化を達成
  5. 新型ワックスキャッチャにより、ワックス回収効率の大幅向上
  6. 各種雰囲気に対応可能(N2、Ar、H2ガス等)

主な仕様と用途

仕様   最高温度 真空度
脱ワックス室 850℃ 10-6 Torr台
焼 結 室 1450℃
徐 冷 室 950℃
冷 却 室 10-3~1500Torr
用途 各種粉末製品の脱ワックス・焼結(鉄合金・ステンレス・希土類磁石等)
一般の連続真空熱処理

関連製品として、高融点金属粉末(タンタルなど、焼結温度2,000℃)の脱ワックス・焼結用連続炉も製作しています。

(大同通信 1987年3月号から)

51/428

関連記事RELATED ARTICLES