ステンレス線缶詰

topics

ステンレス線缶詰

自動二輪車の愛好家は、購入した車をそのまま使うのではなく、自分の好みに合わせ、あるいはレースに備えて改造して使うのが一般的です。この用途向けに、ステンレス線缶詰を開発し、改造用品販売の商杜を通じて売り出すことにしました。

ステンレス線缶詰

缶詰の内容は軟質18-8ステンレス(SUS304)で、直径0.6mmで長さ75m、直径0.4mmで長さ100mの2種類です。用途は、主にレースに使用する自動二輪車の部品、特にボルト、ナットの緩み止めに使います。デパート、ホームセンター等で入手できるワイヤーはコイル状になったものが一般的ですが、これだとワイヤーが変形したり、絡んだりする欠点があります。缶詰にすると、この点が解消され、また保存することが容易になります。

一般家庭での日曜大工、園芸、電気工事用等、かなりの需要が期待できるので、目的に応じたサイズ、材質のものを商品化して大同独自のブランドで売り出す予定です。

(大同通信 1987年11月号から)

44/429

関連記事RELATED ARTICLES