高速鍛造+冷間ロール複合製品

topics

高速鍛造+冷間ロール複合製品

お客さまから大変好評を得ている大同の冷間ロール製品は、厳しい客先ニーズに応え、他社との競争に生き残るため、既存の高速鍛造機と新設の冷間ロール成形機との組み合わせ成形によって開発された新製品です。

高速鍛造+冷間ロール複合製品高速鍛造+冷間ロール複合製品

冷間ロール品の特徴

  • 寸法精度が格段に向上する。(特に偏肉、真円度)
  • 内外周の溝成形ができ、客先での加工代が少なくなる。また、寿命向上も期待できる。
  • 表面がきれいで黒皮のままでも使用できる。

このような新製品を作り出すためには、豊富な鍛造ノウハウの蓄積と、常に客先ニーズを頭に入れた製品設計が必要で、当社は他社に先駆けて冷間ロール製品の量産化に成功しました。

高速鍛造+冷間ロール成形高速鍛造+冷間ロール成形
冷間ロール成形状態冷間ロール成形状態

用途(代表製品)

乗用車および一部トラックなどに使用されています。

  • 自動車用トランスミッション部品  :スリーブ、ギヤーインターナル
  • 自動車および各種産業機械の軸受部品:ベアリングレース

(大同通信 1989年3月号から)

30/429

関連記事RELATED ARTICLES