紙パルプ用木材チップ処理システム

topics

紙パルプ用木材チップ処理システム

KP(クラフトパルプ)製造ラインにおいて、原料である木材チップの厚味の大きなばらつきが歩留、パルプ品質の向上を阻害する原因になっています。スクリーンで選別した過厚チップを大同特殊鋼が開発したロールアッセンブリでクラッキングすれば、穏やかに木材繊維がほぐされ、これを蒸解すると歩留・品質ともに向上します。

本装置には二段の特殊鋼遠心鋳造ロールが組み込まれており、使用量が増えている硬くて強酸性のユーカリ材チップを処理しても腐食、摩耗しにくい構造になっています。紙パルプ業界から注目されている木材チップ処理システムです。

紙パルプ用木材チップ処理システム紙パルプ用木材チップ処理システム

特徴

  • パルプ収率の向上
  • 蒸解薬品量の減少
  • パルプ品質の向上
  • 他のシステムと比較してダスト量が少ない
  • メンテナンスフリー

(大同通信 1990年1月号から)

21/429

関連記事RELATED ARTICLES