自動車エンジンバルブの生産自動化に貢献するPPW

topics

自動車エンジンバルブの生産自動化に貢献するPPW

自動車バルブ用PPW(Plasma Powder Welding)装置は、当社の「プラズマ技術」、「最先端メカトロ技術」を総合し、完成したものです。この装置は各バルブ製造会社に採用され、月産数百万本のバルブを生産しています。「生産性の高さ」、「品質の良さ」、「使いやすさ」が評価されており、このPPW装置には当社の粉末材料が使用されています。

PPW装置PPW装置

装置仕様

対象バルブ径
20~40ミリ
溶接電流
5~150アンペア
生産能力
40~45千本/月
PPW処理したバルブ製品PPW処理したバルブ製品
PPWシステム原理図PPWシステム原理図

PPWシステムは、プラズマアークを利用した粉末溶接法で、被加工物(+)とタングステン電極(-)との間にブラズマトランスファードアークを発生させ、アーク中に溶加材として粉末材料を投入し、被加工物表面に溶着金属膜を構成する方法です。

(大同通信 1990年10月号から)

13/429

関連記事RELATED ARTICLES