極限に挑戦する大同のレアメタル

topics

極限に挑戦する大同のレアメタル

超耐食・耐熱用新金属材料

タンタル(Ta)やニオブ(Nb)、モリブデン(Mo)など耐火金属と呼ばれるレアメタルは非常に高い耐食性、耐熱性を有しており、スーパーアロイでは耐用できないところに使われています。取扱い製品としては、棒・線、帯・板、箔、パイプなどの素材から加工品まで、様々な製品を供給しています。

一般工業用をはじめとし、その用途は広範囲にわたっていますが、私たちの身近な生活に関連する用途に、化学繊維の紡糸用ノズル(写真)があります。厚さ1mmのタンタル板に10ミクロンという小さな孔を数万個あけて使われますが、これはタンタルの耐食性を活かした用途例です。

この他、熱交換器や製薬反応釜など、各種化学装置の内張り材や耐熱性を活かした用途として、真空加熱炉用ヒーター、反射板、真空蒸着用ポート、核融合炉部品などがあります。

主な材質の特長と用途

材質 特徴 用途
タンタル 白金に次ぐ耐食性
高温強度が高い
融点2996℃
化学装置ライニング
ヒーター、トレイ
化学紡糸ノズル
ニオブ タンタルに次ぐ耐食性
高温強度が高い
融点2486℃
化学装置ライニング
ゲッター材
モリブデン 高温強度が高い
酸、溶融金属に強い
融点2610℃
真空加熱炉ヒーター、トレイ
核融合炉部品
溶融金属用ルツボ、ポート
タンタル化繊ノズルタンタル化繊ノズル
ニオブライニング反応釜ニオブライニング反応釜
タンタルポートタンタルポート
モリブデンラックモリブデンラック

(大同通信 1990年8月号から)

15/429

関連記事RELATED ARTICLES