プリハードン冷間工具鋼 CX1

topics

プリハードン冷間工具鋼 CX1

新時代の金型づくり新時代の金型づくり

「CX1」は、当社が21世紀に向けて開発した高硬度プリハードン冷間工具鋼です。硬度50HRCを実現し、「工期短縮」、「コストダウン」のユーザーニーズに自信を持ってお応えできる材料です。

プリハードン鋼とは、素材メーカーであらかじめ所定の硬さに熱処理をした材料のことです。すでに熱処理されているため、熱処理変形によるトラブルの心配がなく、加工後すぐに使用できるので工期短縮に大きく貢献します。「CX1」は50HRCの硬さがあるため、従来鋼(特に焼きなまし材)対比では、加工時間・加工費がアップする可能性がありますが、工程省略によるトータルコストの低減が期待できます。また、切削加工の諸条件や工具選定についての情報を提供するなど、大同特殊鋼ならではのアフターサービスも充実しています。

新時代の金型づくり

(ふれあいDAIDO 1999年12月号から)

65/545

関連記事RELATED ARTICLES