国内初のマトリックス冷間ダイス鋼 DCMX

topics

国内初のマトリックス冷間ダイス鋼 DCMX

Daido’s Cold work die steel MatriX type

冷間プレス・冷間鍛造用金型の製作リードタイム短縮、寿命向上に適したマトリックス冷間ダイス鋼「DCMX(ディーシーマトリックス)」 を開発し、2008年から販売を開始しました。粗大な炭化物を極限まで低減することにより、等方性がSKD11(JIS鋼)対比50%以上向上しており、熱処理時の寸法調整が容易です。また、高靭性(同2倍以上)のため金型寿命を向上できます。さらに、高硬度で被削性にも優れ、金型のつくりやすさと高性能を兼ね備えています。

3つの特長

マトリックス効果

 

異方性が小さい 熱処理歪みがSKD11の50%
割れにくい 靱性がSKD11の2倍
よく削れる 快削元素との相乗効果 SKD11の3倍

用途

  • 冷間プレス金型に最適(組合せ型)

メリット

  • 熱処理歪みを軽減し、寸法調整を容易に
  • 冷間金型の製作リードタイム短縮
  • 割れトラブルを低減し、金型寿命向上

(ふれあいDAIDO 2008年10月号から)

29/559

関連記事RELATED ARTICLES