センサエキスポジャパン2016に出展中

topics

センサエキスポジャパン2016に出展中

きょう9月28日から東京ビッグサイトで開幕した、当社も出展している「センサエキスポジャパン2016」のご紹介です。センサエキスポジャパン2016は、センサ・コントロールとその応用技術、機器、システム、ネットワークに関する専門展示会です。

今回は、同展を含め、計量計測展、総合検査機器展、ITSテクノロジー展、地盤改良技術展の5つの展示会を同時開催中です。

5つの展示会を同時開催

当社ブースは東5ホールの入口を入り、すぐ右に曲がった2つ目(ブース番号 S-04)です。

東5ホール入口
入口すぐ右の2つ目です

今回の出展製品は、超小型チップで磁気を鮮明に画像化できるラインセンサを実用化する「ナノグラニュラーTMR型磁気センサ」、サーボモータ用途に最適で、温動作モデル~低電流駆動化モデルまでをラインナップした「点光源LED」、世界最高水準の透磁率:周波数<30kHz(当社調べ)を有する「パーマロイ金属箔」です。

大同特殊鋼ブース

今回の目玉は、9月26日に発表した「エンコーダ、リニアゲージ用 高温対応点光源LEDを開発 業界初 動作保証温度上限105℃を達成、10月発売」です。詳しくは、プレスリリースをご覧ください。

業界初 動作保証温度上限105℃を達成

また、9月27日に当社公式サイトの「ナノグラニュラーTMR型磁気センサ」のページもリニューアルしましたので、ぜひチェックしてみてください。

センサエキスポジャパン2016は、9月30日まで開催されています。

お気軽に当社ブースにお立ち寄りください。みなさまのお越しをお待ちしています。

179/358

関連記事RELATED ARTICLES