クリスマス電球用ジュメット線 42Ni-Fe線

topics

クリスマス電球用ジュメット線 42Ni-Fe線

クラッド製品の代表選手

クリスマス・ツリーに飾られたクリスマス電球。赤・青・黄・緑の美しい点滅が、クリスマスの雰囲気を盛り上げてくれます。この電球内部の発光フィラメント部(光っている螺旋状の線)と線をつないでいるのが、ガラス封着リード線「ジュメット線」です。

クリスマスを彩るイルミネーションクリスマスを彩るイルミネーション

ジュメット線の構造は、下の図の通りで、42Ni-Fe芯線の周りはCuで覆われたクラッド製品です。表面のCuは通電機能を、芯材の42Ni-Feはガラスの熱膨張係数とのマッチング機能を果たします。この芯材の42Ni-Feに使用されているのが当社のDF42N線材です。

ジュメット線の断面構造ジュメット線の断面構造

要求される高品質

ジュメット線は、電球以外に半導体部品などにも使われており、材料の欠陥は広い市場に大きな影響を及ぼす危険性も秘めているため、品質管理に細心の配慮が要求されます。なお、ジュメット線はフランス語のDumet 「二つの…」、「複合された」の意味から命名されました。

(大同通信 1991年12月号から)

25/448

関連記事RELATED ARTICLES