環境に優しい省エネタイプの新型加熱炉

topics

環境に優しい省エネタイプの新型加熱炉

リジェネバーナの採用

小ロット・多品種という特殊鋼独特の条件を加味しながら、加熱操業のフレキシブルさと、品質、省エネといった相反する特性を両立させた優れものです。

加熱炉加熱炉

リジェネバーナシステムフロー

蓄熱燃焼の原理蓄熱燃焼の原理

特長

  • 廃熱の回収率アップ
    リジェネバーナの採用により、廃熱の回収率が30%から80%にアップ

  • 炉長が半減
    炉内の搬送方法の改善とリジェネバーナの採用で炉長が従来の半分)に

  • 放散熱量50%改善
    耐火物にセラミックファイバーを採用することで、炉体からの放散熱量を単位面積あたり50%改善

  • 環境に優しく
    天然ガス(都市ガス)を燃料として採用することで、CO2、NOxの排出が削減でき、SOxの排出はゼロを達成

  • 総合的に燃料原単位も15%削減

(ふれあいDAIDO 1998年10月号から)

74/545

関連記事RELATED ARTICLES