知多工場分塊装入量 累計5,000万トン達成

topics

知多工場分塊装入量 累計5,000万トン達成

大同特殊鋼の知多工場分塊圧延部門は1962年10月16日に稼動を開始し、40年目を迎えた2002年10月4日に累計分塊装入量5,000万トンを達成しました。

インラインプレスインラインプレス

工場建設以来40年間、常にお客様のニーズに導かれ、時代の先端たるべく技術の研鑚に努め、進化・発展を遂げてきました。知多工場分塊圧延部門は21世紀も次世代を担う新機能材料を低コストで生産できるよう、新たなプロセス開発に取り組み、更なる革新を遂げ、お客様の信頼に応えていきます。

5,000万トンへの道のり

1962年 2,000トン/月でスタート

    均熱炉 5基

1966年 3万トン/月

    第2大型圧延機・均熱炉 10基

1973年 10万トン/月

1976年 累計1,000万トン

    No.1CC(連続鋳造)・LF1号(取鍋精練)・CC加熱炉

1983年 累計2,000万トン

    4連続仕上圧延機

1988年 15万トン/月

1990年 累計3,000万トン

    AOD・No.2CC・特殊均熱炉・インラインプレス・中間加熱炉

1996年 累計4,000万トン

2002年 累計5,000万トン達成

(ふれあいDAIDO 2002年11月号から)

58/559

関連記事RELATED ARTICLES