鍛造 ハンマーからプレスへ

topics

鍛造 ハンマーからプレスへ

大同特殊鋼(株)の鍛造の歴史は長く、1917年の築地工場(現 築地テクノセンター)に始まります。1969年から知多工場に鍛造部門の集約が始まり、翌年には、35メートルトンカウンターブローハンマーが新設されました。1992年、知多型鍛造工場に8000トンプレスが導入されると、製法は「叩いて造る」から「強く押して造る」へ、高品質の製品をより効率よく、安定して安全に製造できるようになりました。設置当時最新鋭だったカウンターブローハンマーは、2005年に火止め式が行われ、その長い歴史に幕を下ろしました。

*35トンの鉄の塊を1メートルの高さから落下させることに相当するエネルギー

8000トンプレス(2012年)8000トンプレス(2012年)
35メートルトンカウンターブローハンマー(1970年)35メートルトンカウンターブローハンマー(1970年)
ツイスター ハンマーで鍛造したクランクを“ ねじり”成形する(1970年)ツイスター ハンマーで鍛造したクランクを“ ねじり”成形する(1970年)

(ふれあいDAIDO 2012年9月号から)

17/559

関連記事RELATED ARTICLES