大型リール巻ワイヤ引出し装置 LR-1型

topics

大型リール巻ワイヤ引出し装置 LR-1型

炭酸ガスアーク溶接は、その優れた生産性と経済性から発展の一途をたどり、現在では自動溶接の主流になりました。

炭酸ガスアーク溶接のパイオニアである当社は、高品質と、高能率の溶接を指向するユーザーニーズにマッチした、大型リール巻ワイヤ(単重200キログラム)と、研究開発本部商品開発室によって開発された、ワイヤ引出し装置LR-1型を発売しました。この引出し装置は需要家から大変好評を得ています。

ワイヤ引出し装置 LR-1型

ワイヤ引出し装置 LR-1型の特長

  1. 高品質を要求される溶接箇所には、従来20キログラム巻ワイヤが使用されていましたが、この引出し装置により大容量の200キログラム巻が使用できるため、ワイヤの取り替え回数が10分の1となり、溶接の稼働率が大幅に向上します。
  2. 溶接機の種類、溶接条件に関係なく、無調整で良好な溶接が可能です。

今後、自動車や建設機械業界が進めている、ロボット溶接分野での活躍が期待されています。

(大同通信 1980年6月号から)

22/321

関連記事RELATED ARTICLES