快削ステンレス鋼 スターカット 304FL

topics

快削ステンレス鋼 スターカット 304FL

当社は、耐食性などの諸特性が基本鋼と変わらない快削ステンレス鋼 スターカット 304FLの開発に成功、量産体制も確立し、販売を開始しました。

ドリル切削状況

304FL
SUS304

既に販売されている代表的なオーステナイト系快削ステンレス鋼 SUS303は被削性向上を目的に添加する硫黄の影響により、SUS304に比べて耐食性や機械的性質が劣化するため用途が制約されるという問題点があり、永きにわたり需要家から解決を求められていました。

このほど開発した304FLは、従来熱間加工性に問題があるため、製造不可能とされていたSUS304に微量の鉛を添加し、ステンレス鋼本来の特性を損なわずに被削性を高めた画期的なステンレス鋼です。

304FLの特長

  • 耐食性はSUS304と同等で、SUS303より優れ、5%硫酸に対して5倍向上します。
  • 被削性はSUS304より優れ、ドリル加工能率がSUS304の2倍以上向上し、SUS303に匹敵します。
  • 機械的性質はSUS304と同等です。
  • 冷間加工性はSUS304に近く、SUS303より優れ、割れ発生限界加工率が10%向上します。
  • 溶接性はSUS304と同等です。

304FLは、このような優れた特長があるため、今後広く利用されるものと期待しています。主な用途はノズル、バルブ、継手、シャフト、ボルト、ナット、時計部品など、被削性と耐食性が要求される部品や、締付ネジ、リベットなど冷鍛性と被削性が要求される部品などです。

(大同通信 1981年3月号から)

159/467

関連記事RELATED ARTICLES