連続塗料焼付オーブン(CCL)

topics

連続塗料焼付オーブン(CCL)

建物の屋根や内外装をはじめ家具、家電製品、厨房機器、事務用機器、自動車などに美しいカラー鋼板が多く使われています。

カラー鋼板は、亜鉛めっきをした鋼板に塗料を連続的に塗装し、乾燥焼付してつくられます。用途や需要が広がるにつれて、最近は色調、耐久性、加工性のより優れた3コート・3べーク(3回塗装3回焼付)の高品質のものが強く要望されてきました。

連続塗料焼付オーブン(生産能力 25トン/時間)

高蔵製作所が開発した本炉は、

  1. 非鉄関係の炉に多くの実績をもつ、当社独自のフローティング処理技術(熱風で薄板を浮かせながら加熱する方法を、日本で初めて連続塗料焼付オーブンに適用
  2. 特殊脱臭装置の開発と排熱利用システムの確立により、従来廃棄されていた溶剤の燃焼脱臭(公害防止)と排熱回収を実施
  3. 計算機制御による高精度な鋼板温度制御など、画期的技術を採り入れています。

その結果、従来方式に比べ、①炉長の短縮(35%)、②高品質な塗装、③省エネルギー(約50%)など大きな効果が得られ、今後の需要が期待されています。

(大同通信 1982年3月号から)

92/412

関連記事RELATED ARTICLES