ステンレス線材コイル用連続溶体化炉

topics

ステンレス線材コイル用連続溶体化炉

ステンレス線材コイルの溶体化炉は、コイルの表層と中心部をいかに均一に早く冷却できるかで、その性能が左右されます。また、熱処理温度が高いため、搬送方法は台車式や回転炉床式が多く採用されてきました。

しかし、省エネ、冷却性能、自動化の観点から、より優れた炉の開発が望まれていました。当社ではニーズに応える新型炉を開発しました。

ステンレス線材コイル用連続溶体化炉ステンレス線材コイル用連続溶体化炉

特長

  1. 37%以上の大幅な省エネ
    (1)予熱室、レキュぺレータ設置
    (2)通気性固体の採用
  2. 均一な冷却
    (1)コイルとトレーを切り離し、コイルのみ冷却
    (2)コイル内径面への高圧の水の噴出
  3. コンピュータの採用による完全自動化
    (1)待機材のヒートパターン予約
    (2)ヒートパターン、空燃比制御および搬送制御をコンピュータに組み込み、常に安定した熱処理

(大同通信 1989年2月号から)

31/429

関連記事RELATED ARTICLES