レーザークリーニング

topics

レーザークリーニング

ドライな状態で洗浄可能

パルスレーザービームを表面に照射し、付着物を分離させるので「湿潤」、「浸透」などが問題となる物体に最適。

洗浄後も元の表面状態を維持

薬品、水、プラストなどによる洗浄と異なり、表面にダメージを与えず処理できます。

現場での直接作業が可能

可動式ユニットで構成されているので、装置の移動に制約がありません。

ほとんどの材質に適用可能

金属、樹脂、木、紙、布などに適しています。

用途

  • ゴム、樹脂成形金型の付着物除去
  • 金属材料の酸化スケール・変質層(白層、αケースなど)の除去
  • 半導体部品などの異物除去
  • 文化財表面の洗浄・清掃
レーザーを応用した「表面洗浄技術」の革命レーザーを応用した「表面洗浄技術」の革命

(ふれあいDAIDO 1996年9月号から)

13/467

関連記事RELATED ARTICLES