話題のロボット スーパーアーム DM200

topics

話題のロボット スーパーアーム DM200

最近は新聞、テレビでもロボットの話題でにぎやかですが、まったくの無人化は困難な場合が多く、未だにかなり厳しい環境でも、手作業でしかできない作業が残されています。

今回開発したマニピュレータは、人間の操作によってアームの先を自由に動かすことができる、遠隔操縦型のマニピュレータで、人間の5人分(200キログラム)の重量物のハンドリングができるものです。(最大1トンのものも計画中です)

スーパーアーム DM200

特長

  • 特殊リンク機構(特許申請中)によって、関節型のアームにも関わらず直線運動が可能で、かつ広い作動スペースを持っています。
  • 2本のレバーにより、上下、前後、旋回の3動作が同時にできるので、自分の手で物を動かすような微妙な作業が可能です。
  • マイコン内蔵のコントローラとの組み合わせで、全自動の動作も可能です。

用途例

  • 鋳鍛造部品のハンドリング
  • バリ取り、スカーフィング
  • 各種パレタイジング
  • 製鋼用重量物のハンドリング

みなさんの職場で使用できる例がありましたら、ぜひお知らせください。

(大同通信 1981年12月号から)

95/412

関連記事RELATED ARTICLES